村濱章司のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS セカンドインパクト

<<   作成日時 : 2009/06/24 13:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

昨日、一生で一番おいしいコーヒーを飲みました。
今まで生涯で一番おいしかったコーヒーは数年前ミラノのどうってことないカフェで飲んだカプチーノでした。
今まで、コーヒー豆の「甘み」というレビューに全く共感というかそういう経験がなかったのですが、昨日飲んだコーヒーの一口めに口中に広がったチョコレートのような甘さ!それは実際の甘みではなくて香りによるものだと後で分かったのですが。あ、ちなみにストレートで飲みました。
コーヒーに対する認識が大きく変わった瞬間でした。
そのコーヒーは弊社LAMBDA FILMで私がペーパードリップでいれたものなのです。
豆も機材もネットで購入したごく普通のものですが、1盃約50円の原価でこの奇跡の味が楽しめるとは!ちなみに水は水道水を浄水ポットで濾したものです。
ただ入れてからしばらく時間が経ったら、香りは逃げてそこまでおいしいものではなくなってしまいました。
それでもやっぱりおいしいのですが。
次回、この味が再現できるかどうかはわかりませんが、歳をとって会社を引退したら喫茶店の経営もいいなあ。とのんきに思った瞬間でした。そのぐらい衝撃があったのでした。

いれかたは
豆はボルボン シモサカ農場、入れる直前に機械で挽いてペーパーの先端をはさみで切って1mm程度の穴をあける。
1盃あたり豆は10g。むらしは5分。ひたひたになるまでお湯をさし、少しヅツ少しヅツ静かにお湯を足す。
必要量の半分までいったあたりで、一気にお湯を足し、豆を撹拌するようにいれる。
というのがそのときの入れ方でした。
気構えとしては、丹誠込めて作られた豆とローストの味を全ていただこう、おいしくいれるのではなく旨味も雑味も豆の持ってるものをいただこうという無私の心で入れました。それが良かったのでしょうか?コーヒーの女神が微笑んだ瞬間でした。(笑)ちょっと粉っぽかったですが。

豆はシモサカで検索すれば。ローストでも味は相当変わると思うし、作柄の安定しづらい品種だそうです。(参考まで)
自分はローストまでは、やろうと思いません。今のところ。忙しいし。

機材と詳しい入れ方はこちら。
http://www.flavorcoffee.co.jp/
読み物としてもすごく面白いです。コーヒーをめぐる科学です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
セカンドインパクトといったら、私の場合EVAですね。
285
2009/06/25 03:37

セカンドインパクト 村濱章司のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる